FC2ブログ

「ある工務店の話」という話

繁栄の法則(戸がわらう)
致知出版社
著者:北川八郎




という本がある。

その中に表題の項目があるのだが・・・

こうだ。

『著者の講演会「繁栄の法則」にある建築会社の社長さんが参加された。セミナー後その方と話した時に「自分はごまかして生きてきた」と言われた。いつも儲ける事を優先してきた。
日本建築が得意なこの会社は注文住宅を受けても「これからは洋風より日本建築ですよ」と、全て自分の方式に取り込んで、なおかつ材木も一番安いところから仕入れてそれを高く売る。また、他の業者への発注に際しても100万円なら80万円か90万円にして上前を抜いていた。そうやって儲けていたらしいのです。それが当時の工務店の常識だったのかもしれません。
しかし、何十年もそれでやってきたけれどなかなか工務店は大きくならない。
一生懸命嘘を言って、取り繕っているけれど大した儲けにもならず、いつも仕事に追われて苦労していた。
そんな時講演で「与えなさい、少し損して生きなさい」という言葉を聞き、「ああ、そうだ。もうごまかして儲けるのは嫌になった。これからは少し心を入れ替えよう。」と思ったらしいのです。
 それから彼がやった事が凄い!水道屋さんに100万円の仕事があったら「100万円は与えられないけど105万円だったらやれる」と、ガラス屋さんや他の業者さんへも同じ様にやり始めた。また、家の工事が完了した後、残り木や端材も当時は掃除もせず引き渡していたのを、いつもキチンと掃除して引き渡すように変えた。
また、後期中に契約した金額より安く上がった場合、そんなに儲けなくてよいからといったん受領したお金を返していた、そうなのです。
 あらゆること、あらゆる場面でキチンと人に与えた。業者に対してもいい仕事をしたら取り分を余計に与えていたそうです。
そういう風にしていくと、1,000万の建物が1,300万円位の価値になっていく訳です。
その事が段々と口コミで広がって行き注文が沢山来て繁盛しはじめた。
もう一つは、建てた家の不都合に対しては4~5年もお金を取らずに徹底してアフターフォローもやった。そんな事を続けていれば、ひっきりなしに注文が来るようになった。考えれば当り前の事です。
それで、“あっ”という間にお金持ちになった。
今までは儲けようとして、ちょっとずつごまかして生きてきたら、注文が少なく悪評も立っていた。生き方を変えた途端に、ひっきりなしに注文が来るようになった。
そして業者さんも「あそこは100万の仕事に対して105万円払ってくれるから」と、どこかで建替えの話があると、「あそこがいいですよ!」と紹介してくれるのです。

その方は「今まで儲けようとしていたら儲からず、儲け心を捨てて信を取り、正直にやり始めたら、儲け始めた」というのです。
でもこれがなかなか実行できない。頭では解っていても、心まで伝わっていないから、やはり少しごまかし、不評をもみ消しながら信を失いつつ、たいていの場合生きてしまうのです。
・・・あなたならどうしますか。』



う~む・・・。

考えさせられる・・・。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 繁栄の法則 致知出版社 北川八郎

己も救われる「神道」のこころ

斉藤一人さんの 普通はつらいよ
という本の最後に、「一人さんがお勧めしている本」の中の一つです。


読むと目が飛び出ます。


読むと目からうろこが落ちます。


読むと何だか救われます。


読むと世界観が変わります。


読むとあなた自身の生きてる(正確には生かされている)意味が解ります。


これです!





著者は「葉室昭(はむろよりあき)」氏。

平成6年春日大社の宮司と紹介されています。

発行は株式会社春秋社。



斉藤一人


FC2 Blog Ranking

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 斉藤一人 神道